058-214-8661
TEL menu

HOME > N-town Magazine > 防水工事(ガーディアン防水塗材)

N-town Magazine

家づくりをもっと知ろう!

防水工事(ガーディアン防水塗材)

2019-05-27

防水工事(ガーディアン防水塗材)

【防水工事】

 

外壁仕上げ材と構造躯体の間に防水工事を施します。ほとんどの雨水は外壁材の表面を伝い、流れ落ち、建物内部に侵入することはありませんが、外壁材の隙間やシーリング材の劣化によるひび割れといったわずかな隙間から雨水が浸入します。

防水工事は、外壁仕上げ材で防ぎきれなかった雨水を構造躯体まで侵入させないようにする重要な役割があります。

 

防水工事のほとんどは、透湿防水シートを貼りあわせて施工いたしますが、弊社が採用しているのは、防水塗材(ガーディアン)の塗布による防水です。

 

理由は、弊社が推奨しています湿式外断熱工法(塗り壁外張り断熱)との相性が良いこと。さらに塗料として防水剤を塗りますので、透湿防水シートのように、しわによる隙間や貼り付けるときのタッカーの小さな穴もできません。つまり隙間もなく完全防水となり、気密性もよくなるからです。

 

 

 

詳しくは・・・ガーディアン(イフスジャパン株式会社) 

 

ページトップ
×