058-214-8661
TEL menu

HOME > ナチュラホームの特徴 > 長期優良住宅

ナチュラホーム

ナチュラホームの特徴

長期優良住宅

02長期優良住宅

ナチュラホームでは国土交通省によって長寿命住宅と認定され、住む人にとってより快適で、安全な住環境を提供する『長期優良住宅(長期優良住宅普及促進法に適合する住宅)』をお薦めしていきます。
デザイン性や暮らしやすさの追求とともに、永く住める住宅性能を重要視するナチュラホームは、長期優良住宅の設計・管理・アフターメンテナンスも得意としています。

認定書

全棟認定書付

長期優良住宅とは、従来の「つくっては壊す」スクラップ&ビルド型の社会から「いいものをつくって、きちんと手入れをして長く大切に使う」ストック活用型の社会への転換を目的として、長期にわたり住み続けられるための措置が講じられた優良な住宅のことを言います。
長期優良住宅の認定基準には、「劣化対策」「耐震性」「維持管理・更新の容易性」「可変性」「バリアフリー性」「省エネルギー性」「居住環境」「住戸面積」「維持保全計画」の9つの性能項目があり、それぞれの性能項目の基準を満たすように住宅の建築計画及び一定の維持保全計画を策定して、所管行政庁の認定を受ける必要があります。
ナチュラホームでは、全棟長期優良住宅の認定を受け、安心・安全・快適で住み継がれる家づくりをしています。

税制優遇

長期優良住宅の税制優遇

住宅ローン控除

住宅ローン控除の控除対象借り入れ限度額の優遇があります。

不動産取得税

一般住宅の場合1200万円控除なのに対し、1300万円の控除を受けられるため、税金が減額されます。

登録免許税

一般住宅の場合不動産の価格に対して0.15%の税金なのに対し、0.1%に優遇されます。その他所有権移転登記についても軽減されます。

固定資産税

床面積が50m2以上280m2以下の場合に、一般の戸建の場合3年間、2分の1減額されるのに対し、5年間まで延長されます。

長期優良住宅認定制度についてより詳しく調べたい方は、一般社団法人 住宅性能評価・表示協会のサイトを御覧ください。
ページトップ
×